このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
パシフィックサプライHOME > パシフィックニュース > 装具 > 脳血管障害への下肢装具カンファレンス2016
脳血管障害への下肢装具カンファレンス2016
装具
脳血管障害への下肢装具カンファレンス2016
第4回みちのくカンファレンスin山形 参加報告 ~秋はみちのくめぐり~
2016.11.01 安倍恭子 (理学療法士・山形済生病院リハビリテーションセンター)    
はじめに

平成28年9月24日、第4回目となる「脳血管障害への下肢装具カンファレンス2016~秋はみちのくめぐり~」が開催されました。第1回目から毎年楽しみに参加させていただいている私にとっては、待望の地元山形市への招致でした。

テーマ「医療連携と生活期連携の確立を目指して」への思い

今回のカンファレンスは「医療連携と生活期連携の確立を目指して  −急性期~回復期~生活期の双方向バトンタッチを目指して− 」というテーマで開催されました。私自身にとっても非常に重要なテーマです。約4年前、急性期病棟に勤務していた時期に、発症後早期から積極的に長下肢装具を使用して歩行練習を行うこと、また必要に応じて早期作製も行う取り組みを始めました。しかし、転院先の回復期病院との装具に対する考え方の違いから、作製した装具が充分活用されなかったり、その後どう使用されて、どのような歩行ゴールに至ったのかわからないケースもありました。


「このままでは私たちのやっている装具療法はひとりよがりになってしまう」という危機感から、脳卒中下肢装具について地域で学び、ともに考えるための有志の会「山形地区脳卒中下肢装具療法研究会」を立ち上げました。


現在、私は回復期病棟に勤務していますが、今度は長下肢装具のカットダウンの仕方について試行錯誤したり、生活用装具に関して作製する時期や処方内容について悩んだり、退院後長期的な装具のフォローをどこに依頼すれば良いのかわからなかったりと、急性期とは違ったフェーズでの課題に日々向かい合っています。


今回は「山形地区脳卒中下肢装具療法研究会」で行っている「1症例検討会」(1人の症例を担当した急性期、回復期、生活期の療法士や義肢装具士が集まり、後方視的に装具療法を中心に検討する会)で取り上げたケースを、3人の理学療法士がそれぞれ演題発表するいう新しい試みもさせていただきました。いわゆる「うまくいった」ケースだからではなく、むしろ各フェーズごとにも、連携においても課題がたくさんあったからこそ敢えてカンファレンスの場で発表してもらいました。



それらの課題や悩みは、私の周囲にのみ存在するのではなく、全国各地にあふれているのではないでしょうか。

PDF DOWNLOAD
関連記事
脳血管障害へのカンファレンス2015に参加して
脳血管障害への下肢装具カンファレンス ~秋はみちのくめぐり~
2015.12.01  高階 欣晴 (理学療法士・いわてリハビリテーションセンター)
脳血管障害へのカンファレンス2014に参加して
脳血管障害へのカンファレンス2014に参加して
2014.11.01 有限会社平賀義肢製作所代表取締役 見木 太郎
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1