このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
パシフィックサプライHOME > パシフィックニュース > AAC(コミュニケーション) > コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用 ②
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用 ②
AAC(コミュニケーション)
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用 ②
連載2 障害によるコミュニケーションに困難さのある子どもたちへのテクノロジー活用 ②
2016.11.15 福島 勇(福岡市立南福岡特別支援学校 教諭)
『コミュニケーションの主導権は誰にある?』 ・・・・ 障害の有無に関わらず、自らに問い直したい言葉で今回の連載は始まります。障害のある子どもたちが在籍するアメリカの学校でのVOCAを活用した「作業学習」にいくつものミッションを感じました。
4 コミュニケーションの主導権は誰にある?

今年9月にJTB総合研究所がまとめた「2016年海外旅行の現状について」という調査結果によると、2016 年の日本人海外旅行者数が 1700 万人(前年比 4.9%増)になると推計されるそうです。このことから、海外旅行を楽しむ日本人が実に多いことがわかります。ところで、旅行者の皆さんは外国語が達者なのでしょうか?「お腹がすいた」「トイレはどこ?」といった程度の内容であれば、身ぶりでも何とか伝わりそうに思うのですが、「物を失くした」「頭が痛いので薬をください」といった緊急時には身ぶりだけで意思を伝えることは難しいと思います。その結果、楽しいはずの旅行が不安とストレスでいっぱいになるのではないでしょうか。そんな時、自動翻訳機があれば便利だと思いませんか?「いやいや、私は外国語を話したいんだ。」という方は外国語教室に通われるかもしれませんが、外国語を習得するまでには授業料も時間も結構かかります。それよりも自動翻訳機のように【とりあえずコミュニケーションできる手段】を持っていれば、すぐにでも飛行機に乗れますし、授業料に予定していたお金で美味しい料理を食べたりショッピングを楽しんだりすることによって、旅の満足感や充実感をより味わえるのではないかと私は思うのです。

 知人のTさんは脳性まひによる重度の四肢マヒがあり、移動や食事は全介助で、しゃべることはできません。日常生活をおくる上で介護が必要で、家族やヘルパーに身の回りの世話をしてもらっています。文字や言葉は理解していますが、「ウー」と発声するか【うなずく/首を横に振る】という動作でYES/NOを伝えるという方法でコミュニケーションをとっておられます。そんなTさんの元に新米のヘルパーさんが来られて二人きりになった時のことです。その新米ヘルパーさんは、引き継ぎ資料から「Tさんは発話できないが言葉の意味は理解しているので、YES/NOで答えられる質問をして意思を確認すること」ということはご存知でした。ヘルパーさんがTさんのお宅に来られてすぐのことです。Tさんがヘルパーさんに何かを伝えたくて「ウー」と発声されました。すると、ヘルパーさんは「どうかしましたか?どこか痛いところでもあるのですか?」と尋ねました。Tさんが首を横に振ると、ヘルパーさんは「トイレですか?」「お腹がすいたのですか?」「のど乾いたのですか?」といった具合に、思いつく限りの質問を次々と投げかけられました。「のどが乾いたのですか?」と尋ねられた時にTさんがうなずくと、ヘルパーさんは「あぁ、のどが乾いたんですね。じゃあ、何を飲まれますか?ジュース?水?牛乳?お茶?」といった具合に、再び質問の嵐がTさんに降り注ぎます。「お茶?」という言葉の直後にTさんが「ウー」と発声すると、ヘルパーさんは「あぁ、お茶ですね」と理解されました。すると今度は、「熱いお茶?」「冷たいお茶?」と、またまた質問の嵐が...「冷たいお茶が飲みたい」という1秒くらいで伝えられる言葉でさえ、ヘルパーさんに伝わるまでに数分もの時間がかかっていました。

 このような状況では、Tさんにコミュニケーション上の主導権は無く、質問されたことに対してYESかNOを答えるだけという受動的なコミュニケーションになってしまっています。ヘルパーが代わるたびにこのような状況になるTさんは苛立ちやストレスがたまり、「何を言っても伝わらないや」という諦めの気持ちも相まって、人とコミュニケーションすることへの意欲が低下しておられました。

 共通の友人を通じて相談を受けた私は、あらかじめ録音しておいた言葉を発声させる機能をもったハイテク・コミュニケーションエイドと頭の動きに反応するスイッチを持参してTさん宅にうかがいました。使い方を説明すると、Tさんはすぐに理解され、頭でスイッチを押すだけで「のどが乾きました」「お腹がすきました」「背中がかゆいです」「トイレに行きたいです」「テレビが見たいです」といった最低限の要求をヘルパーさんに分かりやすく伝えることができるようになりました。それまでは

①「ウー」と発声してヘルパーを呼ぶ
②ヘルパーがTさんの要求を知るために質問する
③要求したいことをヘルパーさんが尋ねてくれるまでTさんは首を横に振る
④要求したいことを尋ねられて、うなずけばTさんの意思がヘルパーさんに初めて伝わる

という状況だったのですが、コミュニケーションエイドを利用するようになって以来、Tさんはスイッチを頭で押すだけで、すぐに要求をヘルパーさんに伝えられるようになりました。その結果、Tさんは「穏やかな気持ちでヘルパーと接することができるようになりました。」と語ってくれました。

 その後、Tさんから「伝えられる言葉をもっと増やしたい。」というリクエストをいただきました。そこで伝えたい言葉を表わすカードを作りラミネート加工して、ヘルパーさんが持てる大きさのボードに貼り付けて、その中から目で見て答えるという方法を提案しました(図6参照)。使い方は、Tさんがスイッチを押してハイテク・コミュニケーションエイドで「のどが乾きました」と伝えた後、ヘルパーさんが飲み物のカード(お茶、コーヒー、牛乳、ジュース、他)をパパッとボードに貼り、その複数枚のカードの中からTさんが視線で選ぶという方法です。こうすることで、Tさんは、より細かい要求を伝えることができるようになりました。ハイテクだけでなく、カードというローテクのコミュニケーションエイドも適宜使い分けることによって、Tさんのストレスは少なくなったと教えてくださいました。

 コミュニケーションエイドというアシスティヴ・テクノロジーの活用は、私たちが海外旅行で使う自動翻訳機と同じように、Tさんの精神を安定させる存在になったと同時に、コミュニケーション上の主導権をTさんにもたらしたのではないかと思います。

図6 コミュニケーションカードを貼った視線ボードの中から選ぶ
図6 コミュニケーションカードを貼った視線ボードの中から選ぶ
5 アシスティヴ・テクノロジーが「こころ」を変える-1

 前項で言葉を発するコミュニケーションエイドの利用例を紹介しましたが、もう少し説明しましょう。言葉を発すると言っても、人が頭の中で考えた言葉を機器が勝手にしゃべるわけではありません。電車等の音声案内や金融機関のATMなどでご存知のように、あらかじめ録音された肉声や人工的に作った合成音声を機器のスピーカーから出すという仕組みになっていて、得意な動きでスイッチ(呼吸・まばたき・押す・引く・触れるといった様々な動きに反応するスイッチが開発され入手しやすくなっています)に入力すれば、機器が言葉を音声で出力してくれるというわけです。

 このように、音声を出力するというハイテク機構を有し、持ち運びができるコミュニケーションエイドは、VOCA(Voice Output Communication Aids:携帯型音声出力装置)と呼ばれており、一つの言葉を録音・出力できるものから数十個もの言葉を出力できるものまで、多くの機種が開発・販売されています。また、パナソニックヘルスケア社のレッツ・チャットのように、機器本体に文字盤が表示されていて、その文字盤の中から文字を選択して文章を綴り、合成音声で音声を出力するものもあります。どのようなVOCAがあるのかについては、 東京大学・学際バリアフリー研究プロジェクト(AT2ED)の公式サイトが参考になります。 
  http://at2ed.jp/pro/productList1.php/categoryid/256

図7 スイッチ1個で作道するVOCA
図7 スイッチ1個で作道するVOCA
図8 複数のスイッチが表面に配列されたVOCA
図8 複数のスイッチが表面に配列されたVOCA
図9 レッツチャット
図9 レッツチャット
PDF DOWNLOAD
関連記事
コミュニケーションに困難さのある子どもへのテクノロジー活用
~障害によるコミュニケーションに困難さのある子どもたちへのテクノロジーの活用~ 
2016.08.15 福島 勇  福岡市立南福岡特別支援学校 (教諭)
VOCAとともに 夢叶えよう!連載1
~伝えたいことは?できる事いっぱいあるよ~
2015.08.17 圓井美貴子(徳島県肢体不自由児者父母の会連合会 会長)
障害者就労 in  KAWAMURAグループ
~Make It Happen ~
2016.07.15 パシフィックサプライ株式会社 事業開発本部 大屋 正子
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1