このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
パシフィックサプライHOME > パシフィックニュース > 義肢 > 東北に走る喜びを!~ランチャレin秋田・仙台~
東北に走る喜びを!~ランチャレin秋田・仙台~
義肢
東北に走る喜びを!~ランチャレin秋田・仙台~
~ランチャレin秋田・仙台~
2017.01.16 佐藤陽介 (JA秋田厚生連湖東厚生病院・ 理学療法士) 
東北にAmbeins(アンベインズ)という義足ユーザーが集うスポーツサークルを立ち上げ、仲間とともに日々活動している秋田県の理学療法士・佐藤陽介先生。東北初となる「ランチャレ!」は2016年3月に秋田で開催され、11月には仙台開催へと展開していきました。一人の理学療法士の「走る喜びを伝えたい!」その熱意がランチャレのイベントを東北に引き寄せたのかも知れません。今回、佐藤先生よりAmbeinsサークルの活動や義足の魅力と共に秋田、仙台で開催されたランチャレ!について2連載でご紹介させていただきます。
「俺、もう走れないんですよね?」

それは、以前私が担当した下腿切断の患者さんからリハビリ中に言われた一言でした。私は理学療法士として下腿切断術を受けたこの患者さんに義足での歩行や生活の仕方などを指導、アドバイスする役目にあります。ですが、この言葉は私にとっても疑問を生みました。メディアを通して板バネの義足を履き、颯爽と走っている義足ユーザーを見たことはありましたが、恥ずかしながら理学療法士として、どうしたら「義足で走ること」ができるようになるかわからなかったのです。これは、私が義足での走行やスポーツ用義足に興味を持つきっかけとなる出来事でした。
 

義足に関わったことがない方には意外かもしれませんし、語弊があるかもしれませんが、多くの理学療法士は義足の事をあまり詳しく知りません。理由の多くは義足の患者さんを担当するケースがそれほど多くはない事にあるように思います。理学療法士は様々な疾患の患者さんを担当しますが、一人の理学療法士が担当する患者さんの中で、下肢切断の患者さんの割合はそれほど多くはないのです。

 

私自身も義足の患者さんを担当する機会は2年に1度程度ですが、これは決して少ない方ではないのです。全く経験したことがない理学療法士の方が多いのではないかと想像します。残念なことですが、下肢切断術を受けた患者さんでも全ての人が義足を履けるわけではありません。さらに将来「走る」ことができる患者さんは、より少なくなります。そのため理学療法士にとっては経験が積みにくい分野となるわけです。書籍や論文も他の分野に比べて少なく、勉強するにも情報量が限られてしまいます。
 

しかし、患者さんにとっては大切な「あし」となる義足です。1本目の義足は仮義足といい、病院でのリハビリ期間中に作成し、多くの場合1歩目を踏むのはリハビリ室です。この仮義足の良し悪しや、パーツの選択は、後に作る本義足にも影響してきます。理学療法士にとって「わからない」という本音は患者さんの目の前でとても言いづらい言葉です。わかるフリもできません。義足の患者さんを担当したことがない理学療法士にとっては、想像するだけで難しい分野のようです。
 

そこで頼りになるのは「義肢装具士」という存在です。
 

義肢装具士は理学療法士に比べて義足の担当件数は多いのですが、「営業」という立場で病院に参院することが多いので病院からは「業者さん」として対応されがちです。これは病院との関係、担当理学療法士との関係によっても違ってくると思いますが、時には「遠慮」が生まれる場合もあります。仮義足とはいえ、その人の目標とする生活にあった義足で練習することが大切です。お互いに遠慮があっては中途半端な義足になってしまう可能性があります。私は義足に興味を持ち、そこに理学療法士が関わる必要性に気付いた者として、義肢装具士が自信を持って義足製作ができる良き仲間でありたいと思っています。そして、この後にご紹介するAmbeinsというサークルを通して義肢装具士と共に活動しています。

Ambeins発足

義肢装具士向けのセミナーや義足の情報を学べる学会に参加していく中で、全国に多くの知り合いが増えました。パシフィックサプライ社の皆さんとも学会で知り合いました。また、東京の切断者スポーツクラブヘルスエンジェルスへも参加させていただき、義肢装具士の臼井さんや同行していただいた三重県日下病院Dr加藤先生から「東北にはまだ義足のスポーツチームが無いから作ってみたら?」というアドバイスを頂き次のステップを踏むことになりました。

ところで、読者の皆さんは模擬義足をご存知でしょうか?健常者が履くことができる義足です。「ソケット」と呼ばれるケースに膝を曲げた状態で自分の脚を納めます。ソケットの下には本物の義足部品を取り付けて疑似的に義足を体験することができるものです。私はある時、これを一週間借りて終業後に毎日2時間程度歩き、アライメントを自分で調整し、ある程度きれいに歩くことができるようになりました。

「走る」動作には跳ぶように両足が地面から離れる瞬間があります。しかし、この模擬義足を履いて初めて走る動作に挑戦したとき、どうしても跳ぶ動作がうまくできませんでした。慣れていないという理由もありますが、「この脚で跳ぶの⁉」と考えると怖くてゾッとしました。私たちが初めてスポーツ用義足を試したのは自分自身です。走れた時の感動と、カーボン製の板バネが反対の脚のスネに当たった痛みは今でも忘れません(笑)

2015年の夏、Ambeinsが発足しました。東北では初となる「義足ユーザーのスポーツサークル」です。あっさりと書きましたが、実は構想から5年もの歳月がかかりました。一番時間を要したのは義足ユーザーの発掘でした。その年の春に秋田で開催されたセミナーで出会った義足ユーザーの方に声をかけて仲間になってもらい、やっと形にすることが出来ました。構成するメンバーは、義足ユーザー、理学療法士、義肢装具士、義足ユーザーの家族です。スポーツ用義足を使った走行練習会がメインですが、義足で挑戦してみたいことに全員でチャレンジするスタイルを目指しています。見学に来てくれた方にその場で歩行動作のアドバイスをさせていただくこともありましたし、障害者スノーボード協会の協力を得て、スノーボードの練習会も行いました。また、ランチャレなど義足に関するセミナーなどが開催されれば積極的に参加しています。Ambeinsは、情報交換・交流の場、理学療法士・義肢装具士の知識や技術の向上の場、義足ユーザーの動作スキルの向上の場として活動を進めています。また、理学療法士や義肢装具士がその経験を生かすことで臨床現場に還元することも目指しています。今後は理学療法士に向けた義足についての勉強会などやってみたいことが沢山あります。

よく聞かれることですが、サークル名の「Ambeins」は英語での「切断」を意味する「Amputee」とドイツ語で「脚」を意味する「bein」を組み合わせて作りました。また、東北弁で「あんべ」は「一緒においで」という意味があり、東北で仲間を集めて活動している私たちに重なるサークル名だと思っています。

模擬義足
模擬義足
初めてのAmbeins練習会
初めてのAmbeins練習会
PDF DOWNLOAD
関連記事
Make a good run and good Life
~1本のスポーツ義足が私の人生を変えてくれた~
2016.12.15 松本  功 (BLADE RUNNER・義足ユーザー)
ランニングチャレンジ  事業紹介
~ランチャレ!! 歩き方、走り方講習会~
2013.10.01 パシフィックサプライ株式会社 グループ推進課 佐々木 崇
走ることをあきらめない!フレックスラン・レンタル
2013.04.01 パシフィックサプライ株式会社 東京営業所 米澤 靖人
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1