このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
「太陽の家」見学レポート
環境整備
「太陽の家」見学レポート
~障害者就労の現場から~ No Charity, but a Chance
2017.03.01 大屋 正子(パシフィックサプライ㈱・事業開発本部)
2017年1月20,21日「第26回日本障がい者スポーツ学会in大分」が別府市太陽の家コミュニティセンターで開催されました。その学会前日のプレ企画として「太陽の家」見学ツアーに参加いたしましたので報告させていただきます。
No Charity, but a Chance

皆さまは、大分県別府市にある「太陽の家」をご存知でしょうか。社会福祉法人太陽の家は1965年中村裕医学博士がNo Charity, but a Chance! 障がい者に保護ではなく働く機会を を理念とし、障がい者が社会の一市民として働き、自立した生活をする場を創設しました。
 

No Charity, but a Chance! 
~人間としての尊厳が保たれる社会の実現~
太陽の家は障がい者が働き、生活する施設であり、地域社会の一住民として普通に暮らしています。1965年の創立以来、障がい者の働く場づくりに取り組み、多くの人が社会復帰しています。たとえ身体に障がいがあっても働く能力は関係なく、太陽の家では、仕事や生活の場においてユニバーサルな環境づくりに努めています。また、日常生活で常に介助を必要とする重度の障がい者も地域と交流を深めながら生活を楽しんでいます。障がい者にとっての太陽でありたい、それが太陽の家の願いです。 
                (社会福祉法人太陽の家webサイトより)

 

1960年、国立別府病院の整形外科医であった中村博士は、ヨーロッパ留学中にグットマン博士の「身体障害者に最も有効な治療方法はスポーツである」というリハビリテーションにおけるスポーツの効用を提唱する指導に深く感銘し帰国しました。


日本では「治療は安静が中心」の時代、中村博士は医師・体育関係者・県庁・身体障がい者などを熱心に説得し、「大分県身体障害者体育協会」を設立、1961年「第1回大分県身体障害者体育大会」を全国で初めて開催しました。1962年7月、ストーク・マンデビル大会に国立別府病院(当時)から2名の選手とともに参加(自分の愛車を売って旅費を捻出)、その後1964年、第2回パラリンピック東京開催。1975年第1回フェスピック大会(極東・南太平洋身体障害者スポーツ大会 Far East and South Pacific Sports Games for the Disabled )開催、1981年第1回大分国際車いすマラソン大会開催へと日本やアジアの障がい者スポーツ振興へと多大なる貢献をされています。
 

中村博士とグットマン博士(太陽の家HPより)
中村博士とグットマン博士(太陽の家HPより)
ストーク・マンデビル大会(太陽の家HPより)
ストーク・マンデビル大会(太陽の家HPより)
障害者の自立・雇用の機会創出

1964年東京パラリンピックの開催時に、参加した外国人選手は皆職業を持っており、自立した生活を送っているような人ばかりでした。滞在中の様子は活動的であり、試合後は食事やショッピングを楽しみ、健常者と同じ行動をしています。それに比べ、日本人選手は、殆どの人が自宅か療養所で保護されて、世話を受けている現実を目の当たりし、外国選手と日本人選手との大きな格差を感じます。


『この国には障がい者をやとってくれるところがあまりにも少ない。スポーツを通じて健康を回復した彼らになら仕事はできるはずだ。ないならつくればいいじゃないか。これをつくらなければ障害者の社会進出はない。』
               (太陽の仲間たちよ P160、161抜粋)



翌1965年『世に心身障害者はあっても仕事に障害はありえない』『保護より働く機会を』と提唱しオムロン・ソニー・ホンダ・三菱商事・デンソーなどの大手企業と連携し、太陽の家を創設。障害者の自立した生活へと大きく貢献しました。

社会福祉法人太陽の家のホームページには、太陽の家が創設されるまでの歴史が掲載されています。
また中村博士の著書『働く仲間たちよ』等太陽の家ライブラリー http://www.taiyonoie.or.jp/library  のなかで貴重な著書を読むことができます。 すでに漫画『太陽の仲間たちよ』(講談社出版)は5刷を重ねています。

歴史資料館
歴史資料館
漫画:太陽の家
漫画:太陽の家
PDF DOWNLOAD
関連記事
障害者就労 in  KAWAMURAグループ
~Make It Happen ~
2016.07.15 パシフィックサプライ株式会社 事業開発本部 大屋 正子
地域包括ケアを考える講演会・シンポジウム報告
~地域住民主体のまちづくり~
2016.06.15 上田 美里 (主任介護支援専門員・KAWAMURAグループ暮らしいきいき館)
関連リンク
KAWAMURAプラチナクラブ 新規登録はこちら
記事カテゴリ
人気記事ランキング
教育セミナー関連 カレンダー
more
Facebookもチェック
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1