このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
パシフィックサプライHOME > パシフィックニュース > 環境整備 > 住民・行政・医療が協働でつくる「健康のまちづくり」
住民・行政・医療が協働でつくる「健康のまちづくり」
環境整備
住民・行政・医療が協働でつくる「健康のまちづくり」
~誰でもできる安心の生活への第一歩~
2017.06.01 井階友貴 (国立大学法人福井大学医学部・医師) 
KAWAMURAグループでは7月1日「第3回目地域包括ケアを考える講演会・シンポジウム」を所在地である大阪府大東市にて開催いたします。基調講演では福井県高浜町にて地域包括ケアの先進的な取組みをされている福井大学・医師 井階友貴先生をお迎えいたします。
健康のまちづくり

2025年問題という言葉を聞いたことがあるという方は少なくないと思います。団塊の世代の皆様が後期高齢者(75歳以上)となり、医療や介護の需要に対して供給が追い付かないのではないかが危惧されています。誰でも安心して住み慣れた地域で最期まで暮らせるように、地域包括ケアシステムの構築が求められていますね。それだけではありません、今後100年間、あらゆる自治体で人口が減少することが予想されており、中には消滅すると言われている自治体もあります。そんな時代に、我々はどのように自らの健康と地域の存続性を獲得できるでしょうか?
 

福井県最西端の高浜町は、人口1万人、面積72㎢、アジアで初めてビーチの国際認証「ブルーフラッグ」を取得した、海が自慢の小さな町です(図1)。この町では以前より医師不足や住民の無関心に悩んでおり、地域医療教育(「夏だ!海と地域医療体験ツアーin高浜」や地域医療住民有志団体活動(「たかはま地域☆医療サポーターの会」が展開され、医師の増加や住民の健康行動の増加などとの関連が確認されました。

 

ところが、日本創成会議が2014年に発表した「消滅可能性都市」に当然のごとく指摘されており、「医療」という切り口での取り組みに限界を感じるようになってきました。そこで、「健康のまちづくり」という切り口での取り組みに、平成27年度より取り組んでいます。

図1:高浜町航空写真
図1:高浜町航空写真
地域社会参加型研究

​取り組みの最も根幹においているものが、「けっこう健康!高浜☆わいわいカフェ」(通称「健高カフェ」)です(図2)。これは、あらゆる分野(保健・医療・福祉・介護のヘルスケア分野だけでなく、まちづくり、教育、商工観光など)のあらゆる立場(ヘルスケアの専門職だけでなく、住民(団体)や行政もすべて)の方が月1回集まり、自分たちが問題と思う町の抱える課題をテーマに、ざっくばらんなおしゃべりをしているものです。ただおしゃべりをしているだけなのに、これの何が「健康のまちづくり」なのでしょう?

 

 図2 健高カフェの様子
 

 

実は、この取り組みには2つの大事にしている要素があります。1つは、地域社会参加型研究(Community-Based Participatory Research: CBPR)です。
これは、地域の抱える課題を解決しようとする際、自治体などの呼んできたアドバイザーや有識者的な方が、地域を分析し、アクションプランを提示して、それを地域の方が実行していく、という流れが一般的と思われますが、CBPRでは、専門家などの有識者も地域の住民さんも、あらゆる立場の方が同じ土俵に立ち、まずそもそも何が問題なのかから共に考え、どのようなことができるかを絞りだし、一緒に実行していく流れを取ります。

 

健高カフェでは、まず地域のあらゆる方がまちなかのコミュニティスペースに一堂に会し、対等な関係でおしゃべりをしています。その中で、各々問題と思っていることを持ち寄っていますし、それぞれの立場で何ができるかを考えます。それに、この取り組みの一番のポイントは、実際に無理なく実現可能な部分を実現させていることです。平成28年度までで15回の健高カフェが開催され、20を超える取り組みが実現したり協議に入ったりしています(表)。 

 

   

  取り上げられたテーマ

     協議に入った取り組み・施策

     実現した取り組み・施策

・健康

・スポーツ

・野菜

・子育て

・独居

・産業

・ボランティア

・認知症

・フレイル

・食と栄養

・男性

・笑い

・観光

・海岸リハビリロード整備(健康情報設置)

・病院リハビリ室セミ解放(介護予防事業)

・健康ポイント・ボランティアポイントシステム

・健高弁当レシピ開発・販売

・配食サービスの拡大

・子育て支援 見える化システム

・カスタマイズ可能!健康じぶん手帳

・魚のブランド化と購買摂取促進

・魚のSNSページ開設

・ボランティアの需要供給窓口の一本化

・巡回バスシステム

・セーフティネットの施設間コラボレーション

・町内の暮らしのサービスによる見守りシステム

・無料レンタサイクル

・海岸リハビリロード整備(砂除け)

・小学校・PTAでの健康授業

・野菜情報SNSページ開設

・生鮮食品出張販売

・お一人様(独居者)ランチ会

・海浜レジャーに特化した産業・医学連携

・健康器具体験&譲渡会

・ボランティアと健康に関する情報発信

・コミュニティカフェ

・オリジナル介護予防体操の開発

・笑いヨガサロン

 表:健高カフェで話し合われたテーマと実現した/企画段階に入った取り組み・施策

 

 

 

PDF DOWNLOAD
関連記事
地域包括ケアを充実し「自助」「互助」の輪を広げよう
住民が幸せを感じながら住みなれた町で安心・安全に生涯を過ごせるように
2016.04.01 パシフィックサプライ株式会社 事業開発本部 松本浩司
地域包括ケアを考える講演会・シンポジウム報告
~地域住民主体のまちづくり~
2016.06.15 上田 美里 (主任介護支援専門員・KAWAMURAグループ暮らしいきいき館)
地域包括ケアを考える講演会・シンポジウムを開催して
あきらめない力  地域も あなたも そして、わたしも
2015.07.01 パシフィックサプライ㈱ 事業開発本部 岡田裕生
関連リンク
KAWAMURAプラチナクラブ 新規登録はこちら
記事カテゴリ
人気記事ランキング
教育セミナー関連 カレンダー
more
Facebookもチェック
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1