このページの本文へ移動します
Pacific News パシフィックニュース
国内外の医療・福祉・教育についての情報Webマガジン
白黒反転画面(音声環境向け)
パシフィックサプライHOME > パシフィックニュース > 環境整備 > 第3回地域包括ケアを考える講演会・シンポジウム2017
第3回地域包括ケアを考える講演会・シンポジウム2017
環境整備
第3回地域包括ケアを考える講演会・シンポジウム2017
健康寿命を延ばす町 ~地域住民主体の絆づくり・まちづくり~
2017.08.01 パシフィックサプライ㈱ 事業開発本部
≪笑顔いきいきフェスタ≫  自分たちの住むまちが、安心して住みたいまちであって欲しい!そんな願いが会場のあちらこちらから飛び交うイベントになりました。
はじめに

2017年7月1日(土)大東市立文化ホールサーティホールにて、地域包括ケアを考える講演会・シンポジウム2017を開催いたしました。
 

3回目となる今年は、講演会、シンポジウムに加えて住民イベントを同時開催。
専門職や当事者に限らず、より多くの市民の方々に、自分たちで考える、地域の特色に合わせまちづくりをともに考えるイベントとして気軽に参加いただきたいという思いで企画いたしました。
 

おかげさまで、地元大東市より多くの市民団体や企業の皆さまに出展いただき、ともにイベントを盛り上げてくださったことに感謝いたします。

1.特別講演  進化学とロボットから見たリハビリテーションと介護の話 ~今まで聞いたことがない大きなヒント~

北海道上川地方の北部に位置する士別市から、北海道士別市立病院 療養診療科 診療部長の澤口裕二先生をお招きいたしました。

キネステティクとは人間の自然な動きを考える学問
澤口先生は体の動きについての学問である「キネステティク」を日本に紹介し、生理学、進化論など様々な角度から人間の体の不思議を研究しておられる医師です。脳梗塞などの治療を受け、退院後にも麻痺が残り身体の機能改善を求める人や、日常的な動作に衰えがある人などが士別市立病院でのリハビリテーションを受けて歩行できるようになった症例、ヒトの動きを観察して作られたロボットの動作などの動画も多く用いて、とても親しみやすい軽妙な語り口でヒトが楽に動くこととはどういうことなのかをお話しいただきました。

脊椎動物の動きの進化。その理論をロボットで実証
ヒトは脊椎動物であり複雑な動きをしますが、35億年前に誕生した単細胞生物のDNAを受け継いでいます。澤口先生は療養病棟で患者さんと一緒に動き、観察する中で気づいた動きの理論を、ロボットに移植し実証しました。そして、脊椎動物は単純な機構と機能で複雑な動きをしていること、その進化をロボットで実際に見せていただき、会場は驚きに包まれました。

麻痺や痴呆症状のある方も自分で動く感覚を思い出す
今回の講演で、リハビリテーションの常識にとらわれず、介助は接触と動きによるコミュニケーションであり、観察と丁寧なフィードバックを傍らで行うことで、患者さんは自分の感覚に気づき(あるいは思い出し)、それを使えるようになるということを学ぶことができました。

驚かないと新たな発見は生まれない
澤口先生は、「え~っ!?」と驚く体験が学習のきっかけであり、そこから面白いことが見つかるとおっしゃいます。常識にとらわれず、子どものように新鮮に驚くことができ、専門家こそ無知であると飽くなき探求を続けてこられた結果が、患者さんへの新たなアプローチ方法と劇的な変化を生んでいます。

患者さんの残存能力を引き出す介助のヒント
介助する側が、当たり前だと思い込んでいる常識の枠から自由になり、患者さん本人に寄り添ってきめ細かく観察し、言葉を付けて小さな具体的な動きを感じてもらうことで、その可能性を引き出すことができます。そんな新たな介助を行うためのヒントを今回の講演で教えてくださいました。新しい視点をもつためのヒントがちらばった、まさに目から鱗の講義でした。

 

<もっと詳しく知りたい方への参考文献>
澤口裕二(2011年)「アウェアネス介助論―気づくことから始める介助論 【上巻】解剖学・生理学と基礎的理解(DVD2枚付) 」シーニュ
澤口裕二(2011年)「アウェアネス介助論―気づくことから始める介助論 【下巻】接触と動きと介助の実際(DVD2枚付) 」シーニュ

<参考サイト>
澤口先生のホームページ 「さあさんの秘密の小窓」 http://awarenesscare.secret.jp
一般社団法人 日本キネステティク普及協会 http://www.nka.link

北海道士別市立病院 療養診療科診療部長 澤口裕二先生
北海道士別市立病院 療養診療科診療部長 澤口裕二先生
特別講演:進化学とロボットから見たリハビリテーションと介護の話
特別講演:進化学とロボットから見たリハビリテーションと介護の話
PDF DOWNLOAD
関連記事
地域包括ケアを考える講演会・シンポジウム報告
~地域住民主体のまちづくり~
2016.06.15 上田 美里 (主任介護支援専門員・KAWAMURAグループ暮らしいきいき館)
地域包括ケアを考える講演会・シンポジウムを開催して
あきらめない力  地域も あなたも そして、わたしも
2015.07.01 パシフィックサプライ㈱ 事業開発本部 岡田裕生
住民・行政・医療が協働でつくる「健康のまちづくり」
~誰でもできる安心の生活への第一歩~
2017.06.01 井階友貴 (国立大学法人福井大学医学部・医師) 
関連リンク
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1