このページの本文へ移動します
製品情報
Gait Judge Cloud
製品レビューを見る
2017/08/15更新
定量評価をネットワークで紡ぎます
クラウドサービスとは、指定のサーバーに格納した情報を、複数人で活用する事です。
GJC(Gait Judge Cloud)はGJ( Gait Judge system)の情報を指定のサーバへ格納し、指定された複数のパソコンで供覧することができるサービスです。

◆変化を精確に記録する
 GJ は治療の成果を定量的に記録することができます。タブレット端末と各種センサを用いて身体の運動状況を動画に連動して記録することで、治療の効果を即座に確認できます。

◆運動を定量的に評価する
 GJCはGJで記録した情報をクラウドサーバに格納し、指定の専門家と供覧することができます。up loadした動画情報に意見を重ねることでOJTの一助となり、治療の効果を向上させます。

◆治療計画が早期に確立できる
 発症-入院-治療-訓練-退院-生活 人生を再建する治療に無駄は許されません。GJCを導入することで、施設間の垣根を越えて治療方針を共有することができます。患者さんへ無駄のない治療の提供と、満足度の高い説明が実現されます。

◆地域の医療レベルが向上する
 地域の保健は地域で担う。医療施設から介護施設までを交えて、治療効果のFeed forwardとfeed back、経時的変化を共有できます。地域の経験を無駄なく重ねることで、「地域の特徴」「生活」「環境」を織り込んだ最良のリハビリテーションを提供することができます。



・医療機関と医療機関の連携
  転院時に申し送りと共に、治療方針を共有することで無駄なく繋がる医療の提供ができます。feedforwardとfeedbackを繰り返した検証が、治療方針を早期に確立することが可能にします。
 
・訪問看護・訪問リハビリテーション施設と医療機関の連携
  医療期の治療方針と照らし合わせた訓練が実施できます。運動状況が変化した場合の相談、医療期へ移行する場合に詳細な申し送りが可能になります。
 
・介護施設と医療機関の連携
  入院前の運動状況を記録して申し送ることで、入院後に無駄なくリハビリテ―ションを開始することが可能になります。
 
・参加者全員
  症例の供覧を重ねることで、医療の質が向上し、課題達成期間を短縮できます。


◆推奨ブラウザ(PC)
 ・Chrome 最新版
 ・Firefox 最新版
 ・Safari win:5以上
 ・Safari mac:7以上




製品特徴
GJC 契約者 / 利用者ができること
画面イメージ(開発中の画面です)
GJC概要
動画で紹介
ゲイトジャッジクラウド紹介
動画で紹介
商品に関するお問い合わせはこちら→
参加者のレビュー
レビューを投稿する
Copyright (C) by Pacific Supply Co.,Ltd. All Rights Reserved. コンテンツの無断使用・転載を禁じます。
パシフィックサプライ株式会社 〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1