検索

Close

検索したいキーワードを入力してサイト内検索をする

パシフィックニュース

オズール社 平成30年度新規認可完成用部品ユーザー様の声 特集①

義肢

オズール社 平成30年度新規認可完成用部品ユーザー様の声 特集①

オズール社 平成30年度新規認可完成用部品ユーザー様の声 特集①

平成30年度厚生労働省完成用部品に「オズール社」製品が新規認可されました。

パシフィックサプライ株式会社 事業開発本部

2018-04-16

 平成30年度厚生労働省完成用部品にオズール社製品が新規認可されました。
 これに基づいて、今回と次回(5月7日掲載予定)に分けて、「新たな認可製品について」「フィールドテスト(※)にて製品をお使いいただいたお客さまの声」をご紹介いたします。

 新たな選択肢が増えたことで、お客さまの生活がより豊かな日常になることを願っております。

完成用部品について

 オズール社は、アイスランドの義肢パーツメーカーです。

 オズール社義肢部品の日本総代理店である弊社は、毎年、新たな義肢パーツを「障害者総合支援法」に基づいた
完成用部品への認可を目指し、厚生労働省へ申請を行っています。

 申請の過程には、弊社のパートナー企業の義肢製作所さまと義足ユーザーさまにフィールドテスト(※)を依頼し、
多大なご協力をいただいております。
 フィールドテストを受諾いただいた義肢製作所さまとユーザーさまの声をご紹介することで、新たな認可製品が
お客さまにとってより身近に、安心してご利用いただけることを願っております。

※フィールドテスト
  完成用部品の新規申請には、安全性を証明するための工学的試験評価と、臨床場面における有効性を証明する
 フィールドテストの結果の添付が必要。
 フィールドテストは、評価期間90日以上評価施設数2施設以上症例件数3件以上が要件となっている。

「プロフレックスLPアライン」のご紹介

もう靴に悩まなくていい!足部のパフォーマンスも申し分なし!
 

差高調節とエネルギー蓄積・放出型が合わさった
Life without Limitations(制限のない人生)を実現する足部が誕生!!!!

【製品情報】
 プロフレックスLPアライン

 オズール PLA0xyyz/プロフレックスLPアライン
 骨格・義足・足部・B 単軸足部 単軸足部

【プロフレックスLPアラインについて】

◎差高調節機能
 靴の履き替えや室内で靴を脱ぐ際に、踵の高さの調整がスムーズにできます。

◎歩行時の負担が少なく、踏み返しを助けます
 バリフレックス(オズール足部のなかでも《一番間違いのない足部》と言われエネルギー蓄積・放出型足部)
 と同様の、エネルギー蓄積・放出機能を持つ「プロフレックスLP」がベースになっています。

◎ユーザーさまに合った硬さを提供可能
 ユーザーさまの体重・活動度に合わせたカテゴリがありますので、よりユーザーさまに合った硬さを選択・提供可能です。


詳しい製品仕様はこちら
 ※正式販売が20187月以降のため、まだ情報が限られております。随時情報追加してまいります。
 
【URL】http://www.p-supply.co.jp/ossur/catalog/flexfoot/lp_1.html

試着されたユーザーさまのインタビュー動画

ユーザーさまと義肢製作所さまのお声

フィールドテストにご協力いただいたユーザーさま(3名)、義肢製作所さま(3社)のお声をご紹介いたします。
 



◆ 東北地区義肢製作所・義肢装具士さまの評価

 製作について
  組み立てマニュアル通りにアライメントを合わせることができ、加工も簡単で危険性を感じることはありませんでした。
 
 全体の評価
  ユーザーさまは股義足のため、今まで使用していた足部では、靴の差高によって膝継手の重心位置が変わり、
  膝折れが出やすかったことがありました。
  ですが、今回使用の足部は角度調整式になっていますので、本人が好きな靴を自由に履け、膝継手の安定性も
  得られて良かったです。
  安全のため、角度調整後のロックを必ず行っていただくようにお伝えすることが必要だと思います。


 ユーザーさまの声

  義足側に体重をかけて健足を出しときの「たわみ」が欲しかったんです。
  色々な靴を履きたいので、踵の高さが調節できるのが良いですね。
  また、足部の調整機能がなかったので、このプロフレックスLPアラインはとっても良いです。
 


 
◆ 株式会社 近畿義肢製作所・義肢課 藤井 達也さまの評価

 製作について
  製作時、特に不便や危険性はありませんが、外装をつける際に少し、足首の仕上げに時間がかかってしまいました。

 株式会社 近畿義肢製作所・義肢課 金山 岳央さまの評価

 全体の評価
  角度変更の解除ボタンが押しやすいので、ユーザーさまも踵の高さの変更がしやすそうでした。
  これまで単軸足部をお使いだったのですが、本製品を装着すると自然な歩容になり、「走りたくなる」と好評でした。


 ユーザーさまの声

  体重をかけた時、少し体が沈み込み、体重を前に進めると少し浮き上がる感じがしてリズミカルな動きになります。
  この足部をはくと長距離を歩いてみたくなりました。 
 


 
◆ 鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター 臼井 二美男さまの評価

 製作について
  今回、外装をつけていませんが、フォームカバーの加工性が気になります。
  組み立ては、一般的なピラミッドシステムで組みやすかったです。
  従来の差高調整の足部「イレーション」ではできなかったフットカバー交換ができるようになり、よかったです。
 
 全体の評価
  最高の評価!従来の差高調節足部は、耐久性・エネルギー貯蓄交換効率が悪かったが、それらを補う製品です。
  クリアランスが低く、軽い。クイックアラインよりも調整角度が非常に大きく使いやすい。
  また、付属のスペクトラソックスが黒く汚れが目立たなくていいです。


 ユーザーさまの声

 
  自宅に帰って靴を脱いでから、プロフレックスLPアラインの差高を調節して、踵の高さを床面に合わせる事が
  できて快適でした。
  靴に合わせて微妙な調整ができてよかったです。
  踏み返しでしっかり支えてくれて、蹴り出しで大きなアシストをもらっている感じがします。
  エネルギー蓄積と変換を感じることができました。

 

~靴も、機能も、「あきらめなくていい」んです!~

 これまで、ユーザーさまより、

「機能(歩きやすさ)を優先すると靴を変えることができない…」
「いつも履く靴を決めている。靴を変えると疲れるから、たくさん歩かないといけないときはいつも同じ靴にしている。」
「差高調節のある足部を選ぶと、機能(歩きやすさ)は妥協しないといけない…」

というお声を、たくさんお聞きしてきました。

 この度ご紹介いたしました、エネルギー蓄積放出型+差高調節機能が合わさった「プロフレックスLPアライン」は、
靴も機能も両方あきらめなくていい、制約のない人生を実現する足部だと自負しています。
今年度、完成用部品に新規認可され、この足部を広くお届けできるようになったことが弊社としても非常にうれしく思います。

日本への正式販売時期は、2018年7月を予定しています。
ご試着用足部も、7月にはご用意できるよう準備いたしますので、ぜひご期待ください。

 

「プロフレックスLPトーション」のご紹介

【製品情報】
 プロフレックスLPトーション


 オズール PLT0xyyz/プロフレックスLPトーション
 骨格・義足・足部・A SACH足部 SACH
 
【プロフレックスLPトーション】について

◎断端の剪断力を減少させるよう設計され、回旋衝撃吸収機能が組み込まれた、構造的な高さが低い
 エネルギー蓄積型の足部です。

◎断端の長い方のために、一定レベルの足継手の出力エネルギーの返還、全体的な運動性能を提供するよう
 設計されています。

◎並外れて滑らかな踏み返しも実現。回旋衝撃ユニットは、失われた関節による生理学的な回旋や垂直方向の
 衝撃吸収を代償し、ユーザー様に快適性をもたらし、断端のストレスを軽減します。

◎足継手の可動域が広く、構造的な高さが低いカーボン製の既存足部と比較して、機能性が大きく向上しています。

◎トウレバーはつま先まで伸び、背屈可動域の広い新開発の「逆テーパー」技術を採用しました。

◎軽量な解剖学的足部カバーは、裸足の状態で歩行しても、湿った滑りやすい路面でもグリップを保ちます。
 また、サンダルトゥを採用していることにより、サンダルを含む幅広い履物を履くこともできます。



詳しい製品仕様はこちら
 【URL】http://www.p-supply.co.jp/ossur/catalog/flexfoot/impact/pro_lp_torsion.html
 

フィールドテストにご協力いただいたユーザーさまのお声をご紹介いたします。

ユーザーさまの声

 歩くと全方向へやわらかく感じ、断端への負担も少なく感じました。方向転換などはとてもしやすく、
 傾斜や階段なども歩きやすく快適でした。
 

リオニーとプロフレックスLPトーションとの組合せ

関連情報