検索

Close

検索したいキーワードを入力してサイト内検索をする

パシフィックニュース

感覚統合器具訪問メンテナンスサービスについて

感覚統合

感覚統合器具訪問メンテナンスサービスについて

感覚統合器具訪問メンテナンスサービスについて

パシフィックサプライ株式会社 テクニカルエイド事業部 藤田 大介

2013-01-01

2012年3月より、感覚統合器具訪問メンテナンスサービスを開始しました。
弊社では30年にわたり、感覚統合療法時に使用される器具の製造・販売をしています。これらの器具は全国の療育施設、病院、学校などへ納品され、日々お子さまへのセラピーを中心にご利用されています。
代表的な器具は、ホーススイング、フレキサースイング、オーシャンスイングなどの天井から吊るす器具です。そしてスクーターボード、SI用ソフトマットなど、多くの種類の器具を取り扱っています。

各導入先では器具を導入後長い期間に渡りご利用されています。また、利用頻度も様々です。そうして使用された器具はへたりや破損も生じてきます。
器具をお使いの皆さまからは、
「器具の清掃・保管について確認したい」
「器具の安全性について確認したい」
「ロープやカラビナなどの消耗品の交換時期を確認したい」
といったご意見を頂いておりました。
また、器具を固定する天井やフックについても求められる強度について、お問い合わせを頂く事がありました。
これらの器具を安全に安心して使い続けて頂けるため、現場の方々ではなかなか分からない器具の状況について、製造・販売元である私たちにできる事は何か?様々考えた結果、専門の社内研修を行い、メンテナンス実施基準を定めて、全国へ訪問するサービスを開始しました。

スイング

メンテナンスサービスの概要

感覚統合器具訪問メンテナンスサービス

(お客様)メンテナンスサービスお申込み

(弊社)訪問日の調整、ご連絡

メンテナンスサービスの実施
※ご希望により修理のため器具をお預かりいたします

(弊社)お預かりした器具の修理と発送

(お客様)サービス代金のお支払い


メンテナンスのポイント

  1. 各スイングのへたり、破損などの確認
  2. カラビナ、高さ調節金具、ローテーター、天井取付金具など金属製品の摩耗や錆の確認
  3. ロープの結び方や、へたり、ほつれの確認

パーツ

イメージ図

実施後のアンケートから

3月に訪問メンテナンス開始後、2012年11月末までに35件のお客さまの施設にて実施しました。
その中から頂いたお客様のご意見をご紹介します。

  1. お申込された方の職種
    作業療法士:77%
    理学療法士:8%
    言語聴覚士:8%
    教員:8%
     
  2. 施設の種類療育センター:46%
    病院:15%
    その他:23%
    特別支援学校:8%
    リハビリセンター:8%
     
  3. メンテナンスした器具の数
    11-15点:54%
    6-10点:23%
    1-5点:15%
    16-20点:8%
     
  4. メンテナンス内容への満足度
    満足:69%
    やや満足:15%
    普通:15%
     
  5. 定期的にメンテナンスを利用されたいか
    利用したい:100%
    -その頻度は?
    1年に1回:62%
    年に1回:23%
    6ヶ月に1回:8%
    3年に1回:8%
     
  6. 価格の妥当性について
    普通:69%
    やや高い:23%
    高い:8%
    -適正価格は?
    このままで良い:58%
    5,000円:42%
     
  7. 貴施設の天井金具の耐荷重について
    知っている:15%
    知らない:85%

※頂いたアンケートは実施施設全てからのデータではありません。

アンケートからは、10数点のスイング類を備品としてご利用され、1年に1回ほどのメンテナンスを5,000-10,000円にて実施する事を希望されている施設が多いことが分かります。
また満足度でのコメントでは、
「器具の寿命についての知識が無かったため安心しました」
「安心感が増した。安全に使っていきたい」
「使用方法も含め(アドバイスも)、丁寧に説明して頂いた」
「実際にロープを切ったり調節して頂けた」
といったご意見も頂きました。

メンテナンスに要する時間はスイング10点で1時間ほどです。ご訪問する時間は平日のみですが、お昼休みや終業後、時にはお部屋の予定を調整して頂いたりして、日中の施設の運営に支障の無いようにしています。

ロープの結び方やスイングの日常点検で確認して頂きたいポイントなど、お客様が普段できる事もお伝えしています。訪問メンテナンスサービスを始めて驚いた事が、皆さま意外と天井とロープの結び方をご存知無い事です。ロープは布製、化学繊維製と種類がありますが、いずれも消耗品です。特に天井から吊るすロープは、毎日のスイングの使用に酷使されますので、傷みも激しくなります。この点は結び方さえ覚えてしまえば日常点検で確認できますので、丁寧にご説明するように心がけています。また、弊社のカタログやスイングの説明書にも結び方を掲載しております。

弊社ではこの11月より、訪問メンテナンスサービスとは別に、新規商品をご購入頂く際のサービスとして「安心パック」付き商品の販売も始めました。保証期間の延長と、3年間の中で2回の訪問メンテナンスが付帯したサービスです。お客さまが安全・安心して、継続して商品をお使い頂けるように、今後もお客様の声を伺い、新しい商品、サービスをご提供できるよう、努めてまいります。

ロープの結び方イラスト

関連情報