検索

Close

検索したいキーワードを入力してサイト内検索をする

パシフィックニュース

安心をお届け! -VOCA訪問サポート- 事業紹介

AAC(コミュニケーション)

安心をお届け! -VOCA訪問サポート- 事業紹介

安心をお届け! -VOCA訪問サポート- 事業紹介

パシフィックサプライ株式会社 事業開発本部テクニカルエイド事業部 松浦 拓也

2013-10-01

2010年より、弊社で扱っているコミュニケーション機器VOCA(Voice Output Communication Aidの略)を購入し『ユーザー登録』をしていただいたお客様へ『訪問サポート』を行っております。ご希望に応じ無償でご訪問し、皆さまの『不安』に対して『安心』をお届けするアフターサービスを実施中です。

今回は、ビッグステップバイステップ(写真1)を購入頂いた群馬県のお宅へ、訪問サポートに伺ってきました。

写真1 ビッグステップバイステップ

好きな歌を録音♪

使用しているお客様は、養護学校に在籍している今年で16歳の男子。お母様の話によると、あまり視力はよくないのですが、日常生活では声や音をキャッチして周りを観察しているそうです。
早速、日常生活におけるビッグステップバイステップの使い方をお聞きしました。『生活場面に合わせて録音内容を変更し、使用しています』とお母様から伺いましたが、この時は好きなテレビアニメ「はなかっぱ」の歌を

♪しゅんか、しゅうとう、あさ、ひる、ばーん!(録音1)
♪はなさけぱっかん!(録音2)
♪ん~~・・・かいか☆(録音3)

と3フレーズに分けて録音し、スイッチを押すごとに歌を再生させ楽しんでいました。(写真2)
1曲を全て録音しておくのではなくフレーズに分けて録音しているところにアイデアが感じられます。


『自分で聴くことができた!』
『じゃあ、次聴きたい!聞いてみたい☆』

このように前向きな気持ちがフツフツとお子様から湧き上がってきて、お母様もビックリするような反応が見られました。お母様がしっかりお子様と向き合い信頼関係が築かれているからこそ、このような柔軟な活用が出来、お子様の新しい可能性が表れるのだと感じました。

写真2

おもちゃが動くぅ~

このビッグステップバイステップでは、設定した録音メッセージに合わせておもちゃを動かすことができます。その機能をご紹介したところ、さらなる嬉しい反応につながりました。お母様が録音・設定し、パンダのおもちゃにつなげると・・・
(写真3・4)

お子様の目に輝きが増し、何回も何回もパンダを動かして喜んでいただくことができました。これを機に、『注目の的になれるよう地域の交流会でも実践します!』とのこと。さらなる楽しみが拡がります。

写真3

写真4

コミュニケーションしたい!

以前に、2個のキーを持つVOCAアイトークを購入しお子様が『はい』『いいえ』と言えるように練習をしていたそうです。
スイッチにスポンジを付けて手で触れても分かりやすく!(写真5)

練習した結果、その時は上手く言葉が言えなかったそうです。けれどもお母様は現在も変わらずにお子様自身から、
『うん (^_^)』
『それは嫌だ (>_<)』
と言ってもらいたい、そう強く願っています。

私はお子様にお会いした時『この子は絶対自分で表現できるようになる!』と感じたのを覚えています。
お母様の言葉にしっかりと反応して、笑顔を見せたり手をあげたり・・・
お子様からお母様と「コミュニケーションしたい」という気持ちがビシビシ伝わってきました。

写真5

「安心」をお届け

どんな声や音、言葉を活用するのか?
肌で触れた時どんな肌触りならわかりやすいのか?
「はい」または「いいえ」の時に何か物が動いた方がわかりやすいのか?

いろいろ試してみると、今まで見えなかった部分がこれから見えてくるのかもしれません。
これからも多くのご家族とつながっていき、私自身、一緒に成長していきたいと感じています。

購入したけど自信がない全国の皆様。訪問サポートは皆様へ「安心」をお届けします。是非ユーザー登録をして皆様の所へお呼びください。皆様とお会いできる日を楽しみにしています。


ユーザー登録頂いた方へ、ご購入後1ヶ月、6ヶ月にサポートサービスとして電話での使い方説明やご訪問による確認を致します。

関連情報