検索

Close

検索したいキーワードを入力してサイト内検索をする

トピックス

第24回日本義肢装具士協会学術大会に出展しました

学会・展示会・講習会

第24回日本義肢装具士協会学術大会に出展しました

第24回日本義肢装具士協会学術大会に出展しました

2017-07-22

展示では、ブース内で弊社製品担当者、営業担当者が時間を決めてプレゼンを実施します。ぜひお立ち寄りください。

ブース内プレゼンテーション

7月22日(土)
時間 タイトル 担当者
9:30 オズール人工知能膝継手 リオニー3 オズール社テクニカルマネージャー・Nicholas Freijah
10:00 プロフレックスLPとユニティバキュームシステムの紹介 オズール社テクニカルマネージャー・Nicholas Freijah
10:30 独立モーターが5指に内蔵された筋電義手 i-limb 石橋/小嶋
11:00 オズール装具シリーズ アンローダーワン 小関
11:30 備品用長下肢装具 ゲイトイノベーションと歩行補助具 永岡
12:00 歩行を客観的に評価する歩行分析システム ゲイトジャッジ 小関
12:30 靴のつま先を持ち上げるサポートツール ターボメド FS3000 出口
13:30 オズール人工知能膝継手 リオニー3 志田
14:00 プロフレックスLPとユニティーバキュームシステムの紹介 オズール社テクニカルマネージャー・Nicholas Freijah
14:30 独立モーターが5指に内蔵された筋電義手 i-limb 石橋/小嶋
15:00 オズール装具シリーズ アンローダーワン 小関/市川
15:30 備品用長下肢装具 ゲイトイノベーションと歩行補助具 永岡
16:00 歩行を客観的に評価する歩行分析システム ゲイトジャッジ 小関
16:30 靴のつま先を持ち上げるサポートツール ターボメド FS3000 出口
7月23日(日)
時間 タイトル 担当者
9:00 オズール装具シリーズ アンローダーワン 小関/市川
9:30 備品用長下肢装具 ゲイトイノベーションと歩行補助具 永岡
10:00 歩行を客観的に評価する歩行分析システム ゲイトジャッジ 小関
10:30 オズール人工知能膝継手 リオニー3 志田
11:00 プロフレックスLPとユニティーバキュームシステムの紹介 オズール社テクニカルマネージャー・Nicholas Freijah
11:30 独立モーターが5指に内蔵された筋電義手 i-limb 石橋/小嶋

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1

日時
7月22日(土)11:30-12:30
会場
第3会場(福岡国際会議場4F 409 410)
座長
野坂 利也(北海道科学大学 保健医療学部 義肢装具学科)
演者
「Bionic Technology by Ossur」Nicholas Freijah (OSSUR APAC, 義肢装具士)
 

ランチョンセミナー3

日時
7月23日(日)11:50-12:50
会場
第3会場(福岡国際会議場4F 409 410)
座長
木藤 伸宏(広島国際大学 総合リハビリテーション学部)
演者1
「Ossur OA & Injury Solutions」Christopher Wallis (OSSUR APAC, 義肢装具士)
演者2
「アンローダーブレイスを用いた膝OAの治療の実際」長谷川由理 (風の谷プロジェクト代表取締役、理学療法士)

7月22日(土)
ランチョンセミナー1
「Bionic Technology by Ossur」(「オズール社バイオニック技術」)

Nicholas Freijah(ニコラス フレイジャ) (OSSUR APAC, 義肢装具士)
Abstract
This luncheon presentation will provide an overview of Bionic Technology by Ossur.
Over the last several decades the prosthetic industry has experienced world-wide acceptance and growth of bionic products as a significant component for limb replacement. This growth has been supported in-country by both government and private institutions to enable amputees to return to their desired work and lifestyle preference. Having anatomical structures or physiological processes that are replaced or enhanced by electronic and mechanical components have a proven clinical outcomes. This technology now utilises artificial intelligence combined with improvements in software, hardware, materials and manufacturing making it user friendly for both amputee and clinician. As clinicians working in the field of prosthetics become more familiar and experienced with Bionic products, with their amputee client they are breaking down the barriers as to what is considered normal prosthetic outcome.
抄録
このランチョンセミナーのプレゼンテーションでは、オズール社のバイオニック技術を概観いたします。
 ここ数十年、義肢分野は世界中で四肢の補完部品としてのバイオニック製品の受容と成長を経験しています。バイオニック製品の成長は、国内の政府および一般企業によって支えられ、切断者が就きたい仕事へ戻ることができ、また望みのライフスタイルへ戻ることができるように寄与しています。電子的あるいは機械的部品によって置換され強化された解剖学的構造あるいは生理学的過程によって、臨床的な結果が証明されています。この技術は人工知能とともにソフトウェアの進化、ハードウェアの進化、素材の進化、製造過程の進化を活用しており、切断者にも臨床家にとっても使用しやすいものになっています。義肢分野で活躍している臨床家はバイオニック技術にますます精通し、経験を積んでおり、クライアントである切断者とともに、従来の義肢に伴う障壁を破壊しているのです。
Description
Mr Nicholas Freijah is employed as Ossur technical manager providing clinical education and technical training within the prosthetic industry in Japan. Activity includes assessment and fitting of prosthetic devices encompassing socket technologies, mechanical feet and knees, and bionic prosthetic solutions. Prior commencing with Ossur in 2007, from 1987 he was responsible for the establishment and management of the Prosthetic Orthotic Service Royal Melbourne Hospital Rehabilitation Division. During this employment he was a Lecturer at the National Centre for Prosthetics and Orthotics La Trobe University, ISPO International Consultant for the South Pacific and cofounder/lecturer for the accredited Australian Faculty of Rehabilitation Medicine Lower Limb Prosthetics & Amputee Rehabilitation Course.


スピーカー経歴
ニコラス フレイジャ 義肢装具士。2007年よりオズール社テクニカルマネージャー。日本の義肢分野における臨床教育と技術トレーニングに従事し、その活動はソケット技術、足部および膝継手、バイオニック義肢ソリューションなどの評価と適合におよぶ。
1987年~2006年王立メルボルン病院リハビリテーション部門 義肢装具サービス設立・運営責任者。また同期間において、オーストラリア・La Trobe大学国立義肢装具センター講師、南太平洋地域ISPO国際コンサルタント、オーストラリアのリハビリテーション専門医の義足・切断リハビリテーション認定コースの共同設立者であり講師を務めた。 

7月23日(日)
ランチョンセミナー3
「Ossur OA & Injury Solutions」

演者1:Christopher Wallis(クリストファー ウォリス) (OSSUR APAC, 義肢装具士)

Abstract
Presented by Christopher Wallis (CPO), this seminar will discuss the management of knee pathologies involving articular cartilage, and fibrocartilage, with a focus on osteoarthritis and degenerative meniscal tears. The seminar will explore the presentation and prevalence of these conditions, treatment options, recent literature, and Össur’s clinically proven Unloader products for the management of degenerative meniscal tears and knee OA. 

The seminar will conclude with clinical case presentations.
抄録
本セミナーでは退行変性による半月板の損傷や変形性膝関節症について、関節軟骨や繊維軟骨の病理を確認します。これらの発生機序や治療方法、最新の学術報告などより、それらの疾患に対してアンローダー製品を用いた治療、症例のケースを紹介します。

Description
Christopher Wallis graduated from LaTrobe University with a Bachelor of Prosthetics and Orthotics in 2004. Upon graduating, Chris began working clinically as an Orthotist covering all aspects of orthotic management, with a focus on Orthopaedic and Neurological injuries and conditions. In 2009, Chris joined Össur Australia as a Regional Manager, providing Clinical Sales, Support, and Education to clinical customers, before taking up the role as APAC Clinical and Education Manager for OA and Injury Solutions in late 2016. 


スピーカー経歴
クリストファー ウォリス 義肢装具士。2004年オーストラリア LaTrobe大学卒。義肢装具学学士。大学卒業後、装具士として臨床現場にて整形外科および神経系疾患における装具マネージメントに関わる。
2009年 オズールオーストラリアへ地域マネジャーとして入社し、臨床販売サポート、臨床現場において教育活動を実施。2016年にはオズールAPACにてOA・Injuryソリューションの臨床・教育マネジャーに就任、現在に至る。